読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Everyday Magic-筆に想いを

心に響く言葉や詩歌を、書でつづる

不思議-あたりまえはないセンス・オブ・ワンダー

はがき 詩歌・童謡 金子みすゞ

 

昨日は立冬でしたね。

 

だんだん寒くなってきました。 

 

 さて、前回、アリスの話をして、

 

ワンダーランド(不思議の国)続きと

 

いうわけでないものの、

 

この詩を思い出しました。

 

f:id:koboaoineko:20161107210408j:plain

「不思議」 金子みすゞ (大判はがき15×20㎝)

 

私は不思議でたまらない。

黒い雲からふる雨が、

銀にひかっていることが。

 

私は不思議でたまらない。

青い桑の葉たべている、

蚕が白くなることが。

 

私は不思議でたまらない。

たれもいじらぬ夕顔が、

ひとりでぱらりと開くのが。

 

私は不思議でたまらない。

誰にきいても笑ってて、

あたりまえだ、ということが。

 

金子みすゞさん(1903‐1930)の詩です。

 

  (ハルキ文庫)

 

koboaoineko.hatenablog.com

  

koboaoineko.hatenablog.com

 

 何でも、あたりまえだと、

 

短絡的にとってしまうと、時に、

 

物事の本質を見失ってしまうことがあります。

 

世界は、日々、動き、

 

美しいもの、未知のもの…

 

さまざまな驚きに満ちているのに、

 

色あせてつまらないものに

 

なってしまいかねない。

 

いちはやく、地球の環境汚染に警鐘をならした

 

名著『沈黙の春』で知られた

 

レイチェル・カーソンさんの遺作に

 

センス・オブ・ワンダー』という

 

 

タイトルの本があります。

 

まさに、“神秘さや不思議さに目をみはる感性”

 

あたりまえはない、という詩心や

 

子供の時には誰もが持っていたであろう

 

あの素直なまなざしを

 

いくつになっても

 

忘れずにいたい。

 

今日もご覧いただき、ありがとうございました。   

                        

 クリック↓よろしくお願いいたします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!

 

f:id:koboaoineko:20160905125709j:plain

心に響く言葉を筆文字で、身近に