読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Everyday Magic-筆に想いを

心に響く言葉や詩歌を、書でつづる

祥雲-めでたい雲

3月になりましたね。 風がまだ寒いですが、 日差しは春めいてきている。 「祥雲」 はがき めでたい(吉兆の)雲。瑞雲に同じ。 「祥」の字は"めでたい"しるしの意。 墨場必携の出典には、米芾(北宋の書家) 吉兆ということで、招福・吉語。 新春の時期や、…

新生-新たに生まれかわる

また寒くなったりしながらも 土の中から、緑の小さな芽が そこかしこに、顔をのぞかせている。 明日は、新月。日食だそうですね。 私たちも、毎日新たなスタートを 続けているともいえるかも。 『新生』 (はがき) 古代の篆書体(金文)による。 位牌を作る…

一字書『華』-今日の一枚

「華」 はがき(和紙ぼかし) 「額入りサイズ:30.5×25.5㎝」 花びらが美しく咲き乱れている形の象形。 咲き乱れている花の形であるから、 「はな、はなやか」の意味となる。 (白川静『常用字解』より) 咲きほころぶ花の様子からきている “華”の 篆書体。 …

和楽-日本のこころは調和

昨日は冷たい雨でしたが、今日は晴れ。 風も強く、まだまだ寒いですね。 それでも、二月も10日。 明日は、満月(月食)ですが、 春が待ち遠しいだけでなく、 また時の流れも早いように感じます。 「和楽」 はがき 「和楽」(わがく)と読めば、邦楽の意味も…

エミール・クーエ(自己暗示法の祖)の万能処方

春先になってきたからか、 風が強い日も多いです。 さて、人は知らずして、 常にセルフトークをしているものですが、 使っている言葉は、これまた思いのほか 自分自身に影響を与えているといいます。 意識していい言葉を言い聞かせると それも作用するという…

望-遠方、大いなるものに想いを馳せる

今日は晦日、いよいよ 明日は大晦日となりましたね。 晴れていいお天気ですが、風が少し強かったかな。 あちらこちらで、お正月を迎える準備が 整ってきたようですね。 「望」 (はがき) “望”の古代文字(金文)から。 更に、最古の字体の解説は以下より。 …

慈愛二題ーいつくしむ心

曇りがちでしたが、暖かいです。 ちょうど、明日から、 クリスマスへ連休となる方も いらっしゃるでしょうね。 クリスマスの精神に、チャリティ(Charity) が あります。慈善と訳されるだけでなく、 慈愛、博愛という言葉です。 「慈愛」 (はがき) 言葉の…

飛翔-鳥も詩人も私たちも

今日から師走。 年末になって、振り返ると いろいろあっても、一年が 飛ぶように過ぎた感じがします。 飛ぶ、といっても、今日の一枚はこちら。 「飛翔」 (はがき) *1 物事は常に変化している。 私たちも 今いるところから飛び立とうとしていたり 新しいス…

日だまりに猫と戯れ-幸せなひととき

今宵は、新月。 月のサイクルも新しくスタート。 もう、12月、そして、来年も視野に 入ってきますね。 「日だまりに猫と戯れ」 (42×29㎝) 我が家に猫を迎えた年に、社中展に書いたものです。 もう10年ほども前の話になります。 子供の頃から動物好きながら…

「豊楽」二題-恵み・収穫を祝い、享受する

今日は、二十四節気の小雪ながら、 あたたかな日和でした。 明日からは寒くなるのでしょうか。 「豊楽」 はがき *1 趣きの違う「豊楽」二題 書体は、篆書体。 「豊」は、 祭りの供え物とされたきびの類を盛った脚の高い食器から 「おおい、ゆたか」「大きい…

光明

巷では、3連休ということですが、 昼前は、結構な降りの日曜日。 雨は上がったようですが、曇り空。 昨日も、昼頃にかけて降りましたが、 夕方には、日も差し、 夕刻の空は、たなびく薄暗い雲の合間に 明るい夕日が輝いているのが印象的でした。 「光明」 …

響-共鳴する音

先月に続き、 新月スタートの10月ですね。 あいにくのお天気ですが、 新しい月の始まりは、また 気持ちがあらたまる感じがいいです。 「響」 (はがき) *1 古代の篆書体(金文)の一字書です。 学者で漢字の大家、白川静さんによる『常用字解』では (2012…

大愚

よく、 人に馬鹿にされたくない という人は、います。 「馬鹿になれ」といわれたら そんな~、馬鹿な(笑) と思うかもしれません。 何かに無我夢中で打ち込んでいる姿は 素適かもしれないし、ことによったら、 傍からみて、馬鹿みたいって映るかもしれない…

はじめの一歩

上記のタイトルで 何気に検索してみたら 有名なボクシング漫画があると 初めて知りました。 私自身が、思い出すのは、 子供の頃の遊び、だるまさんがころんだ かしらね(笑) 「はじめの一歩」(模様入りはがき)*1 話がそれました。 こちらの「歩」は古代文…

舞踊

音楽やリズムに合わせて、何となく身体が動く、 嬉しいことがあれば、踊りだしたい気分になる… 何かを伝えたくて、思わず腕を広げる 舞踊の形式をとらずとも、 自然とそんな所作をとっていたりする。 「舞踊」 (模様入りはがき) 舞踊の起源は、古く、 神様…