読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Everyday Magic-筆に想いを

心に響く言葉や詩歌を、書でつづる

夕ぐれの時はよい時

半紙 詩歌・童謡 堀口大學

秋晴れの今日はまた、

 

気温も上がりました。

 

秋の日は釣瓶落としといい、

 

あっという間に暗くなってしまいますが、

 

その前の夕暮れ時は、ひと際

 

美しく、やさしく感じられます。

  

f:id:koboaoineko:20161026145450j:plain

 「夕ぐれの時はよい時」 堀口大學   (半紙)

 

夕ぐれの時はよい時

かぎりなくやさしいひと時

 

それは季節にかかわらぬ

冬なれば煖炉のかたわら

夏なれば大樹の木かげ

それはいつも神秘に満ち

それはいつも人の心を誘う

 それは人の心が

ときに、しばしば

静寂を愛することを

知っているもののように

小声にささやき、小声にかたる‥‥‥

 

夕ぐれの時はよい時

かぎりなくやさしいひと時

 

若さににおう人々の為には

それは愛撫に満ちたひと時

それはやさしさに溢れたひと時

それは希望でいつぱいのひと時

また青春の夢とおく

失いはてた人々の為には

それはやさしい思い出のひと時

それは過ぎ去った夢の酩酊

それは今日の心には痛いけれど

しかも全く忘れかねた

その上(かみ)の日のなつかしい移り香

 

f:id:koboaoineko:20161026150258j:plain

                                  

夕ぐれの時はよい時

かぎりなくやさしいひと時

 

夕ぐれの憂鬱は何所から来るのだろうか?

誰もそれを知らぬ!

おお! 誰が何を知っているものか?

それは夜とともに密度を増し

人をより強き夢幻へとみちびく

 

夕ぐれの時はよい時

かぎりなくやさしいひと時

  

f:id:koboaoineko:20161026145957j:plain

                                 

夕ぐれ時

自然は人に安息をすすめるようだ

風は落ち

ものの響きは絶え

人は花の呼吸をきき得るような気がする

今まで風にゆられていた草の葉も

たちまちに静まりかえり

小鳥は翼の間に頭をうずめる‥‥‥

 

夕ぐれの時はよい時

かぎりなくやさしいひと時

 

明星派の歌人、詩人、翻訳家であった

 

堀口大學の第一詩集

 

 

『月光とピエロ』におさめられた詩。

 

堀口大學は、フランスの詩にも親しみ、

 

 

その美しい訳詩集『月下の一群』がよく知られています。

 

大學の雅号は、”十三日月” ということで、

 

夕ぐれとともに、美しい秋の月も、

 

愛でたいもの。

 

もっとも、

 

ただ今、23日の下弦の月から

 

31日の新月に向かっているところでしたね。

 

 今日もご覧いただき、ありがとうございました。   

                        

 クリック↓よろしくお願いいたします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!

 

f:id:koboaoineko:20160905125709j:plain

心に響く言葉を筆文字で、身近に