読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Everyday Magic-筆に想いを

心に響く言葉や詩歌を、書でつづる

かなりや

はがき 詩歌・童謡 西條八十

満月は明後日ですが、

 

中秋の名月は今夜だそうですね。

 

お月見団子も魅力的ですが(笑)

 

月夜というのは、魅惑的です。

 

さて、

 

 唄を忘れた金糸雀(かなりや)は、後ろの山に棄てましよか。

いえ、いえ、それはなりませぬ。

 

で始まる、童謡 ”かなりや”

 

繰り返しの3句めまでは、

 

なかなか衝撃的ながら

 

ラストの句の情感が際立ち、美しい。

  

f:id:koboaoineko:20160915154903j:plain

    「かなりや」西條八十  (大判はがき)

 

唄を忘れた金糸雀は、

象牙の船に、銀の櫂、

月夜の海に浮べれば、

忘れた唄をおもひだす。

 

才能がありながらも、

 

生活のため、詩作を離れていた作者が

 

自らの道に戻ることになったともいわれています。

 

抒情的な味わいからは、作者の心象風景と共に、

 

本来の道を歩む勇気と喜びが

 

静かに伝わってくるかのようです。 

 

 

 

手元の文庫本の写真に、

 

この歌碑の前に写る作者の姿があるのですが、

 

味わい深い、八十の自筆で刻まれた

 

この歌碑は、上野、不忍池畔にあるそうです。

   

 今日もご覧いただき、ありがとうございました。   

                        

 クリック↓よろしくお願いいたします!


にほんブログ村


人気ブログランキングへ

ありがとうございます!

 

f:id:koboaoineko:20160905125709j:plain

心に響く言葉を筆文字で、身近に