Everyday Magic-筆に想いを

心に響く言葉や詩歌を、書でつづる

夢見つつ深く植えよ

本好きには、時に

 

タイトル(題名)に惹かれて読む本というのもあるが

 

これもそう。

 

ベルギー(アメリカに移住)の作家・詩人

 

メイ・サートン(1912-1995)の自伝的エッセイ。

 

エッセイといっても、気骨ある文章で

 

詩作家の繊細な味わいと共に、

 

思索的で、読み応えがある。

 

f:id:koboaoineko:20160912133401j:plain

                (色紙)

 長いさすらいの実りを

 収穫する祝福されたひとよ

 大いなる遍歴ののちにようやく

 ふるさとへ船を向けた老ユリシーズにも似て

 知恵に熟し身丈をのばして

 夢見る想いを深く植えるために

 

サートンは、両親が他界した後、40歳半ば過ぎて、ひとり、

 

古い家具と共に片田舎に移り住み、家を構える決心をする。

 

厳しい自然の中で、老屋敷を整え、

 

孤独と対峙し、創作に没頭し、

 

荒れた敷地を整備し、花木を育てるために、地元の人たちと

 

新たな交流も持つ、そうした奮闘記でもあるが、

 

きわめて文学的な佳品だと思う。今は、古本か

 

図書館で読むことになるのだろうか。

 

原題は "Plant Dreaming Deeply"

 

魅惑的なタイトルは、この詩による。

 

  

今日もご覧いただき、ありがとうございました。

 

 クリック↓よろしくお願いします♪


にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

ありがとうございます!

 

f:id:koboaoineko:20160905125709j:plain

心に響く言葉を筆文字で、身近に