Everyday Magic-筆に想いを

心に響く言葉や詩歌を、書でつづる

山村暮鳥の詩『光』より

 

春を前に、逡巡するような寒の戻り。

冷たい雨、明日は雪交じりの予報も出ているが

ちょっと季節をフライングして

春の日差しが強く感じられる暮鳥の詩から。 

 

 

f:id:koboaoineko:20170314184409j:plain

 『光』  山村暮鳥  (はがき)

 

かみのけに
ぞつくり麦穂
滴る額
からだ青空
ひとみに
ひばりの巣を発見け

 

 

山村暮鳥(1884-1924)は、結核で急逝したが、

萩原朔太郎室生犀星らと共に、

日本の近代詩の根幹をなす活躍をした詩人。


こちらは、詩集『聖三稜玻璃』にある「光」という詩。

ふりそそぐ陽の光のもと、

肉感的な躍動感を伴って伝わってくる、

根源的な生命力のような強さ…。


f:id:koboaoineko:20170314184435j:plain

 

 

後年、暮鳥は罹病して牧師職を離れ、文筆家に専心。

より自然で簡素、思索的になっていく詩にも

印象的なものが多く、書いてみたいと思っています。

 

 

ところで、今日のメインブログに

こちらでよく書いている詩人エミリー・ディキンスン

その伝記映画が今夏、上映されるという話を知り、

載せています。

 

www.salon-shiroineko.com

 

 

今日もご覧いただき、ありがとうございました。

 

 クリック↓よろしくお願いいたします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!

 

f:id:koboaoineko:20160905125709j:plain

心に響く言葉を筆文字で、身近に