読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Everyday Magic-筆に想いを

心に響く言葉や詩歌を、書でつづる

ハミングバード-「まわる輪の」エミリー・ディキンソンの詩

半紙 詩歌・童謡 エミリー・ディキンソン

 

日差しがあるとちょっと暖かだけれど、

やはりまだ寒い。特に朝晩は冷え込む。

花咲き乱れ、軽やかに過ごせる季節も、

遠くないはずで、待ち遠しいこの頃です。

 

 

f:id:koboaoineko:20170309170824j:plain

      「まわる輪の」E・ディキンスン 半紙1/2

 

まわる輪の

消える軌道

エメラルド色の反響

コチニール色の突進

と 茂みの花はみんな

転げおちた頭を上げる

遠いチュニスからの便りでも

楽々とこなす朝の飛行

 

A Route of Evanescence

With a revolving Wheel -

A Resonance of Emerald -

A Rush of Cochinial -

And every Blossom on the Bush

Adjusts it's tumbled Head -

The mail from Tunis, probably,

An easy Morning's Ride -

           (J1463    F1489)

 

こちらでも何回かご紹介した

岩田典子さんの『エミリ・ディキンスンを読む』で

出会った詩。

 

エミリ・ディキンスンを読む

エミリ・ディキンスンを読む

 

 

岩田さんは、この訳詞を記念学会で朗読した際、

楽しそうに歌ったり、読んだりしたそうだ。

それもそのはず、ハミングバード(ハチドリ)が

花々を飛び回る光景だからと。

 

 蜂鳥は十センチほどの小鳥で長いくちばしを持ち、喉の羽毛が金属的な光沢をしたコチニ―ル(深紅)色、羽根がエメラルド色をしている。毎秒50回から75回も羽根を後ろに激しく振るわせて空中に停止し、花に寄る。原詩のr音や u 音b音の連続に見られる蜂の唸るような音をさせて、凄い速さで「まわる輪」のように花から花へ飛んでいく。その美しさは朝の光に映えてエメラルド色とコチニ―ル色をした宝石のようである。くちばしの突進を受けて、大きくおじぎをした花が勢いよく頭をもたげたときには、蜂鳥はもういない。

チュニス」と閃く。この速さなら、遠い遠いチュニスから便りがあっても、多分午前中には届けてくれるだろう。シェイクスピアを愛読したディキンスンは、「嵐」の中で最も遠い地名として使われているアフリカ北部の年「チュニス」を思い浮かべたのだろうか。遠い見知らぬ地名が加わることで、一層エキゾチックな雰囲気が醸し出される。

 

私は、実際のハチドリを見たことはないが、

確かに、綺麗な色の小さな軽やかで高速な動きを

思い描かせる楽しい感じがする。

 

ちなみに、

ネイティブアメリカンメディスンカードには

いろいろな動物が描かれているが、その中での

ハミングバード(44)は、"喜び”のカードだ。

  

koboaoineko.hatenablog.com

 

今日もご覧いただき、ありがとうございました。

 

 クリック↓よろしくお願いいたします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!

 

f:id:koboaoineko:20160905125709j:plain

心に響く言葉を筆文字で、身近に