Everyday Magic-筆に想いを

心に響く言葉や詩歌を、書でつづる

受福無彊-福を受ける、限りなし

 

少しまた、寒さが緩んでいます。

 

それでも、明日は冬至

 

季節もエネルギーも大きく動いて

 

いろいろなことが切り替わっているように

 

感じるこの頃です。

 

 

f:id:koboaoineko:20161220105059j:plain 

「受福無彊」 詩経より (はがき)*1

 

福を受ける、限りなし

 

限りなく、幸福を受けるの意。

 

「彊」は限界、限りということで

 

「無」がつくことで、限りがないということになります。

 

出典は、中国の古典『詩経』といわれます。

 

幸せ、善きもの、いわゆる幸福を受けるに

 

限りはないという言葉。

 

かぎりないものを、充分に受け取れないとしたら、

 

それは、受け取る側に制限があるということに

 

なりましょう。

 

私たちは、自らに、自分自身が(無意識で)

 

あらゆる許可を与えていることを忘れがちです。

 

明日は、冬至ですが、

 

日が短くなっていたところから、また日が強くなっていく、

 

いわば、闇から光の季節へ転じる、

 

太陽が復活することをお祝いする日。

 

古代から、冬至祭として、新たな一年を迎えるとも

 

いわれてきました。

 

太陽の恵みもそうですが、私たちが日々、

 

さまざまな恩恵を受けて生きていることに

 

気づけば、幸福はいたるところに

 

満ちていることも、感じられるようになるのでしょう。

 

そして、それを受け取る価値が自身にあると

 

更に認識できるようになっていきたいと思います。

 

今日もご覧いただき、ありがとうございました。

 

 クリック↓よろしくお願いいたします!


人気ブログランキングへ 


にほんブログ村

ありがとうございます!

 

f:id:koboaoineko:20160905125709j:plain

心に響く言葉を筆文字で、身近に

   

*1:上掲の作品は、工房”青い猫”でお取り扱いしています。