読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Everyday Magic-筆に想いを

心に響く言葉や詩歌を、書でつづる

飛翔-鳥も詩人も私たちも

 

 今日から師走。

 

年末になって、振り返ると

 

いろいろあっても、一年が

 

飛ぶように過ぎた感じがします。

 

飛ぶ、といっても、今日の一枚はこちら。

  

f:id:koboaoineko:20161130192824j:plain

       「飛翔」 (はがき)   *1

 

物事は常に変化している。

 

私たちも

 

今いるところから飛び立とうとしていたり

 

新しいステージにアップしようとしたり

 

大なり小なり

 

より広い世界に羽ばたこうとする。

 

実際に、大空に羽ばたく鳥たちも

 

飛び立つ練習をするものだ。

 

こんな物語があった。

ひょんなことから、重油にさらされ瀕死のカモメの卵を

預かり育てることになった誇り高い雄猫ゾルバ。

3つの誓いを立てさせられる。

1.卵は食べない 2.卵の面倒をみる そして

3.ひなに飛ぶことを教えてやる

すくすく育ったカモメのフォルトゥナータに、

やがて飛ぶことを教えるには?

猫のタブーを一回破って、

ある人間に助けを借りることになる。

 

「どうしてかはよくわからないんですが、あの人は、信頼できるような気がするんです。ぼくはあの人が、自分の書いたものを声に出して読んでいるのを、聞いたことがある。それはとても美しいことばで、聞いているとうれしくなってきたり、悲しくなってきたりした。そうして、いつまでも聞いていたいと思うほど、心地よくて、わくわくしたんです」ゾルバが説明した。
 「それは、詩人だ! その人が書いているのは、詩と呼ばれるものだ。百科事典第十二巻、『し』の巻にある」博士が叫んだ。
 「で、とうしてその人間が、飛ぶことについて知っていると思うんです?」秘書がたずねた。
 「もしかしたら、本物のつばさで飛ぶことについては、知らないかもしれない。でもあの人は、ことばとともに飛んでいるような気がしてしかたがないんだ。    

   

『カモメに飛ぶことを教えた猫』ルイス・セペルベダ    

 

 

 終わりの方でゾルバが言います

 

飛ぶことができるのは、心の底からそうしたいと願った者が、全力で挑戦したときだけだ、…


ヨーロッパで大ベストセラーとなったという物語。

 

面白く読めて、いろいろな気づきもあるお話でした。

 

優れたことばは、想像力の翼で自由に大空をも駆けめぐる。

 

詩や物語の醍醐味でもありましょうね。

 

 今日もご覧いただき、ありがとうございました。

 

 クリック↓よろしくお願いいたします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!

 

f:id:koboaoineko:20160905125709j:plain

心に響く言葉を筆文字で、身近に

    

*1:上掲の作品は、工房“青い猫”でお取り扱いしています。