読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Everyday Magic-筆に想いを

心に響く言葉や詩歌を、書でつづる

素朴な琴-晩秋を味わう

  

昨日は冷たい雨でしたが、今日はあたたか。

 

晩秋になるのでしょうが、

 

寒くなってくると、一段と紅葉が美しくなってきます。

 

ちょうど、用事ついでに

 

ご近所さんと立ち話をしながら、

 

木々の色づきを愛でて

 

庭木の話で盛り上がるのは楽しかった。

   

f:id:koboaoineko:20161120154834j:plain

「素朴な琴」 八木重吉 (半紙1/2)

 

この明るさのなかへ

ひとつの素朴な琴をおけば

秋の美くしさに耐えかね

琴はしずかに鳴りいだすだろう

 

八木重吉(1898-1927)さんの詩です。

 

短い詩をたくさん書かれた詩人ですが、

 

この琴と同じく、素朴で美しい響きを持ち

 

心を打つものが多い。

 

現在は、青空文庫でも読めますが、

 

この詩は、『貧しき信徒』に収められています。

 

 

 

koboaoineko.hatenablog.com

 

 

秋の味わいが伝わってくる詩をもう二つほど。

 

「響(ひびき)」

 

秋は明るくなりきった

この明るさの奥に

しずかな響があるようにおもわれる

 

 「秋のひかり」

 

ひかりがこぼれてくる

秋のひかりは地におちてひろがる

このひかりのなかで遊ぼう

  

まさに、光景が浮かんでくる

 

こうした秋に、しばし浸っていたいですね。

 

今日もご覧いただき、ありがとうございました。   

                        

 クリック↓よろしくお願いいたします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!

 

f:id:koboaoineko:20160905125709j:plain

心に響く言葉を筆文字で、身近に