読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Everyday Magic-筆に想いを

心に響く言葉や詩歌を、書でつづる

エミリー

アメリカの女流詩人として

 

著名なエミリー・ディキンソン。

 

生前、発表したのは、わずか10篇の詩で、

 

無名の生涯を過ごし、没後、発見された

 

膨大な優れた詩篇により、有名になりました。

 

f:id:koboaoineko:20160916181144j:plain

その1 ちょっとおとなしかったかと

 

その2 好みの問題ですね(笑) 珍しく両方載せます

f:id:koboaoineko:20160904154047j:plain

歓喜とは出て行くこと」 エミリー・ディキンソン(半紙)

 

歓喜とは出て行くこと

内陸の魂が大海へと、

家々を過ぎ――岬を過ぎ――

永遠の中へと深く――

 

わたしたちのように、山に囲まれて育ったなら、

船乗りにも分かるでしょうか、

陸地から一里沖へ出た時の

この世ならぬ恍惚が?    

                                                              (亀井俊介訳)

 

Exultation is the going

Of an inland soul to sea,

Past the houses ― past the headlands ―

Into deep Eternity ―

 

Bred as we, among the mountains,

Can the sailor understand

The divine intoxication

Of the first league out from land?

               (F-1859 J-143)      

 

  ニューイングランド、アマストの田舎町で、

 

ほとんど屋敷から出ることもなかったため、

 

変人と噂され、謎に包まれた生活といわれています。

 

 

詩集で、詩人の世界を味わうのもさることながら、

 

マイケル・ビダード文・バーバラ・クーニー絵による

 

この稀代の詩人と、女の子のふれあいを描いた

 

美しい絵本があり、ことのほか

 

彼女の静謐な世界をよく伝えているように思います。

 

 

 

今日もご覧いただき、ありがとうございました。   

                        

 クリック↓よろしくお願いいたします!


にほんブログ村


人気ブログランキングへ

ありがとうございます!

 

f:id:koboaoineko:20160905125709j:plain

心に響く言葉を筆文字で、身近に