Everyday Magic-筆に想いを

心に響く言葉や詩歌を、書でつづる

空気に耳を傾けてごらん-ネイティブ・ウィズダム

日中は、あたたかでした。 珍しく?忙しい感じの一日でしたが、 陽気がいい時は、ゆっくり過ごしたい 気がします。いや、いつもか、な(笑) 「空気に耳を傾けてごらん…」ジョン・レイム・ディアー (半紙) 空気に耳を傾けてごらん。 あなたはそれを聞き、…

誰が風を見たでしょう?ー童謡~ヴィクトリア朝の妖精物語

日中は陽が差すとあたたかでしたが、 さすがに、さっと気温も下がり、日も暮れる。 庭も、ようやく少しずつ、枯れた枝葉や 鉢物などを片付けて、冬支度へ。 そしたら、家の中も見回したくなった(笑) 「風」クリスティーナ・ロセッティ (色紙) *1 だあれ…

忙中、猫あり-アナザー・タイムをたもつ

今日は満月。 昨晩、すでに、とても綺麗だった。 雨が降り出す前に、 気になっていた庭の落ち葉掃除。 地面が見えたら、少しすっきりした(笑) あちこちの木々、色づいた葉がとても美しい。 静かに辺りを愛でていたい。 「忙中、猫あり」その1 長田弘 (半…

ディキンスン家のネズミ-寄り添う言葉

詩人エミリ・ディキンスン家に 住みついた白ねずみのエマライン。 エミリの詩に触発されて、 詩を書き出し、 ひそやかにエミリとの交流(文通)が始まる。 ディキンスンの詩12篇と、エマラインの詩7篇も ちりばめられた可愛らしくて素適な物語(絵本) エリ…

和顔愛語-シンプルな世界貢献

冷たい雨、 寒い一日でした。 明日からは、少しまた あたたかくなるのかな。 気持ちをあたたかくするには… 「和顔愛語」大無量寿経より(はがき)*1 わげんあいご、と読むそうです。 穏やかな笑顔と、思いやりある話し方 愛ある言葉で、人に接することは、 …

おのれに忠実なれ、後は夜が日に続く如く…

昨日の強風、 東京では木枯らし一号だったみたいですが、 ここのところ、すっかり寒くなってきて 冬支度かな、なんてのんきに構えてられず あわてて、冬物使用中。 「おのれに忠実なれ…」ハムレットより (半紙) 一番大事なことは、おのれに忠実なれ。 この…

不思議-あたりまえはないセンス・オブ・ワンダー

昨日は立冬でしたね。 だんだん寒くなってきました。 さて、前回、アリスの話をして、 ワンダーランド(不思議の国)続きと いうわけでないものの、 この詩を思い出しました。 「不思議」 金子みすゞ (大判はがき15×20㎝) 私は不思議でたまらない。 黒い雲…

いのちとは 夢 でなくてどうする?-鏡の国のアリス

11月に入って、 しばらくお天気続きそう、ですね。 今日も、日中は暖かで お日さま、気持ちよかった。 まどろむ昼下がりの夢…といえば アリスでもありますが。 「いのちとは…」鏡の国のアリスより(34.5×39㎝) いのちとは 夢 でなくてどうする? Life, what…

「虹を見て…」 人それぞれの世界であっても

今朝、雨がちょっと降りましたが その後は、予報通りに晴れてきて、 今日も、気持ちよいお日和 楽しめそうです。 「虹を見て思ひ思ひに美しき」 高浜虚子 (はがき) 虹を見て思ひ〳〵(思ひ)に美しき 虚子 高浜虚子(1874‐1959)の句です。 『虚子五句集』…

静かな日-たのしむとは沈黙に聴きいること

冬日のあと、ちょっと寒さがゆるみ、ほっと。 文化の日は、晴天が多いとか やはり、秋晴れでした。 葉の落ちた利休梅(リキュウバイ)と、落葉中の桜の木 「静かな日」 長田弘 (半紙) 目は見ることをたのしむ。 耳は聴くことをたのしむ。 こころは感じるこ…

一粒の砂に世界を…-無垢の予兆より

11月になりました。 今年もあとふた月ですね。 午後には、雨は上がり、 青空も広がりましたが、 結構、寒くなってきました。 「一粒の砂に世界を…」ウィリアム・ブレイク 色紙)*1 一粒の砂に世界を 野の一輪の花に天を観る 手のひらに無限を 一時(ひととき…

いわずにおれない-謙虚な詩人をかりたてるもの

新月前の寒い日曜日。 暖房器具の一つ、ストーブの 試運転しました。一軒家は底冷えしますね。 あったかい幸せ。。。今季もお世話になります。 エアコンもそう、何て恵まれた私たち。 「いわずに おれなくなる」 まどみちお (半紙) いわずに おれなくなる …

行雲流水-文を書く極意とも…

今日は午後から雨 寒くなりました。 もうすぐ11月とはいえ、 昨今は、気温の上下も大きいので その時々での調節が大切ですね。 「行雲流水」 蘇軾 (はがき) *1 文字通り、 空行く雲と、流れる水。 何のわだかまりもなく、ものに応じ、ことに従って 素直に…

夕ぐれの時はよい時

秋晴れの今日はまた、 気温も上がりました。 秋の日は釣瓶落としといい、 あっという間に暗くなってしまいますが、 その前の夕暮れ時は、ひと際 美しく、やさしく感じられます。 「夕ぐれの時はよい時」 堀口大學 (半紙) 夕ぐれの時はよい時 かぎりなくや…

上善若水-上善は水のごとし

秋らしい、爽やかなお天気でした。 朝晩は冷え込み出したけれど、 秋たけなわ、この季節を日々、 じっくり味わいたい。 (含む味覚・笑) 「上善若水」 老子より (はがき) *1 “じょうぜんは、水のごとし” 水は万物を利するが、常に低きにつく。 最高の善も…

星とたんぽぽ-見えぬものでも…

今日は、曇りがちでしたが、 辺りは、秋が深まってきました。 空を見上げたり、紅葉と落ち葉の中、 歩くのにいい季節です。 「星とたんぽぽ」 金子みすゞ (色紙) 青いお空の底ふかく 海の小石のそのように 夜がくるまで沈んでる 昼のお星は眼にみえぬ 見え…

旅とたからもの

今日は、爽やかな秋晴れ。 庭の柿の実に訪れる鳥さんたち同様、 この頃、私たちも、柿を美味しく頂いています。 さて、 前回は、 大切なもの(宝)は、自らが持っている、 という言葉(禅語)でした。 koboaoineko.hatenablog.com では、探しに旅することが…

明珠在掌-たなごころに宝

真夜中の満月に かさがかかっていましたら 昨日は、冷たい雨降り。 今日は、お日様も顔を出し、 また秋の青空、気温も上がるのかな。 「明珠在掌」 禅語 (はがき) *1 “みょうじゅ(めいじゅ)ざいしょう” 「明珠(みょうじゅ)は、掌(たなごころ)に在り…

きみはねこの友だちですか?

秋晴れは気持ちいいですね。 柿の木に、しきりに鳥がやってきます。 枝先で熟した柿の実を、一生懸命ついばんでいて メジロなど、とても可愛いです。 今年は、多くの実が、落ちてしまいましたが、 そろそろ、少しだけ、私たちも恵みを味わえそうです。 「き…

私たちは皆…

昨日は、寒かったですが、 今日は、秋晴れ、 布団を干して、ようやく冬仕様の用意。 夜は、結構寒くなってきましたが、 お月様がきれいです。 「私たちは皆…」アボリジニの格言 (色紙)*1 私たちは皆 今この時空への訪問者である 全ては来て、過ぎていく 見…

小石

久しぶりに、 朝から、秋晴れでした。 それでも、夕刻には、 あっという間に日が暮れる。 秋の日は、釣瓶(つるべ)落としといいますが、 季節は、どんどん移ろっているのですね。 「小石はなんて幸せなんだ」エミリ・ディキンスン (色紙) 小石はなんて幸…

花開蝶自来(はがき書)

めっきり、秋らしくなりました。 季節はずれの暑さも終わったようで、 着るものや、寝具なども、入れ替えです。 晴れると、あちこち片付けたくなります(笑) 「花開蝶自来」 禅語 (柄入りはがき) *1 花開けば、蝶自らやって来る。 季節がめぐって、花咲け…

すすきの ほ

台風が来たり、 なかなか陽気が定まらず、 もう例年通りという言い方は通用しない 昨今の気候ですが、やはり 辺りを見渡せば、秋の風情が漂う。 「すすき」 まどみちお (半紙) ――すすきのほ では どうも ぶっきらぼうに つったった すすきのぼう ――すすき…

光明

巷では、3連休ということですが、 昼前は、結構な降りの日曜日。 雨は上がったようですが、曇り空。 昨日も、昼頃にかけて降りましたが、 夕方には、日も差し、 夕刻の空は、たなびく薄暗い雲の合間に 明るい夕日が輝いているのが印象的でした。 「光明」 …

青い蝶

雨もよく降りますが、 晴れると、すっかり秋らしく なった外が気になります。 家の小庭にも、花の周りに蝶々がやってきます。 青い鳥ではありませんが、青い蝶は幸せのシンボルとか。 ちなみに、工房は、青い猫です(笑) 「青い蝶」 ヘルマン・ヘッセ (色…

洗心

この季節、庭木があると 日々、落ち葉がたくさんです。 庭側の地面に落ちたものは、多少風流ですが、 アスファルトの道路側では、ゴミになりかねません。 実際、掃除をしても、きりはないのですが、 掃き清めるという言葉のように、 綺麗になれば、清々しい…

詩って何?

読書好きの方でしたら、 好きな本に囲まれて、読みふける生活に 憧れたことがあるかもしれません。 子供の頃のイメージでは、 『ムギと王さま』の挿絵(E・アーディゾーニ)の 本の小部屋だったり、『足ながおじさん』の主人公が 部屋に籠って、本を読み耽る…

遊戯三昧

前回、”遊ぶ”のは、仏様の境地だというらしい、と書きました。 koboaoineko.hatenablog.com (初めて過去記事を貼り付けてみました。面白いですね 笑) というと、出てくるのが、この言葉。 「遊戯三昧」 (模様入りはがき)*1 「ゆげざんまい」 禅語です。 …

遊びをせんとや生れけむ

今日は、久しぶりに 気持ちのいい 青空が広がりました。 「遊びをせんとや生れけむ」 (はがき) たまには、こんなのもどうでしょう。 コラージュに、ゴールドの筆ペンでちょこっと。 よく知られた句は、”梁塵秘抄”にある歌からです。 『梁塵秘抄』より (大…

響-共鳴する音

先月に続き、 新月スタートの10月ですね。 あいにくのお天気ですが、 新しい月の始まりは、また 気持ちがあらたまる感じがいいです。 「響」 (はがき) *1 古代の篆書体(金文)の一字書です。 学者で漢字の大家、白川静さんによる『常用字解』では (2012…

こんなにたしかに

9月も晦日、 何をしていても、いなくても、 暦では、時が移ろっていきます。 気づけば、あたりもすっかり 秋めいてきましたね。 「こんなにたしかに」 まどみちお (色紙) ここは宇宙の どのへんなのか いまは時間の どのへんなのか 鉱物たち はてしなく大…

大愚

よく、 人に馬鹿にされたくない という人は、います。 「馬鹿になれ」といわれたら そんな~、馬鹿な(笑) と思うかもしれません。 何かに無我夢中で打ち込んでいる姿は 素適かもしれないし、ことによったら、 傍からみて、馬鹿みたいって映るかもしれない…

秋になると

(9月は少なかったですが…) 青空のもと お外もよし 深まりゆくと、徐々に 内省的にもなっていく季節 もちろん、味覚もさえるが(笑) 木々の彩りも変わっていきます。 「果物」 八木重吉 (半紙1/2) 秋になると 果物はなにもかも忘れてしまって うっとり…

ただのアダム

実は、昨日の「真味只是淡」 もう一枚、書いたのがありまして、 昨日、並べてもよかったんですが、 ちょっと雰囲気違うんでね。 あらためて、その2 「真味只是淡」 菜根譚より (大判はがき) 出典の解説は、昨日のとおりで(略) さて、ほんとの偉人は誇示…

真味只是淡

今日もいい天気~♪ ん? 何かそんな歌詞 ありましたっけ… 日中は、汗ばむくらいの陽気でした。 さて、今日の一枚は 「真味只是淡」 (大判はがき) 「しんみはただこれたんなり」 中国の古典、洪自誠の 「菜根譚」(さいこんたん)にあります。 醸肥辛甘非真…

お日さま久しぶり

ようやく 晴れました!ね そして、暑いくらい(笑) でした。 「お日さん、雨さん」 金子みすゞ (大判はがき) ほこりのついた 芝草を 雨さん洗って くれました。 洗ってぬれた 芝草を お日さんほして くれました。 こうして私が ねころんで 空をみるのに …

思無邪

それにしても、 よく降りますね! もう、書き出しはこれしかないくらい 秋晴れはいずこに… 内容とは関係ないですが(笑) 「思無邪」 (はがき) 思いよこしま(邪)なし と読みます。 中国の詩経という古典が、おおもとのようですが、 論語で孔子が、その"…

四つの答

秋分の日が過ぎ、 そろそろ雨が上がるかなと思ったら、 今日も降っていた。。。 湿っている辺りを見回すと、 なんか、童謡♪”あめふりくまのこ”を 思い出しました。 が、今日の一枚は、別の詩です(笑) 「四つの答」 クリスティーナ・ロセッティ (半紙) 重…

日に新た

雨の秋分の日。 涼しいというより、肌寒いくらいで よく降る雨に、そろそろ お日様が恋しい気もします。 ちょうど、季節の変わり目でもありますね。 「日新(日に新た)」 和紙はがき *1 よく見かける言葉ですが、 中国の古典(四書五経・大学)にあるそうで…

涙は悪いものではない-千鳥

なんか変なタイトルですね。 しかも、書いた詩と直接的な関連は ないのですが、 まあ、思いついたまま、いきます(笑) 考え過ぎ傾向、返上中。 「草枕」若菜集より 島崎藤村 (半紙1/2) 夕波くらく啼く千鳥 われは千鳥にあらねども 心の羽をうちふりて さ…

花無心招蝶…

台風の進路も気になる 雨降りの日。 庭のうなだれた花を見て そういえば、晴れて飛び回っていた 蝶々はどうしているのかな…と、ふと。 「花無心招蝶…」 良寛 (和紙はがき) 花無心招蝶 花は無心にして蝶を招き 蝶無心尋花 蝶は無心にして花を尋ぬ 花開時蝶…

読もうとさえすれば-手紙

以前のように、 切手や便箋・封筒には 興味はあるものの、 めっきり書かなくなった手紙。 それでも、届くと嬉しいものです。 「手紙」 鈴木敏史 (模様入り色紙) ゆうびんやさんが こない日でも あなたに とどけられる 手紙はあるのです ゆっくり 過ぎる 雲…

壺中天

世間の暦では、いわゆる シルバーウィークなる週に入り、 あいにくの空模様ではありますが、 好きなことに没頭しようという方も いらっしゃるでしょうか。 「壺中天」 (模様入りはがき) *1 こちゅう(の)てん 中国の故事にもとづく言葉です。 後漢の費長…

天空海闊

9月に入って、曇りや雨が多いなか 久しぶりの晴れた一日 気持ちいいですね。 「天空海闊(濶)」 (大判はがき) てんくうかいかつ、と読みます。 晴れわたる大空、広々とした大海 転じて、度量が大きく、こだわりがないこと 一昨日の中秋の名月は、 流れる…

エミリー

アメリカの女流詩人として 著名なエミリー・ディキンソン。 生前、発表したのは、わずか10篇の詩で、 無名の生涯を過ごし、没後、発見された 膨大な優れた詩篇により、有名になりました。 その1 ちょっとおとなしかったかと その2 好みの問題ですね(笑) …

かなりや

満月は明後日ですが、 中秋の名月は今夜だそうですね。 お月見団子も魅力的ですが(笑) 月夜というのは、魅惑的です。 さて、 唄を忘れた金糸雀(かなりや)は、後ろの山に棄てましよか。 いえ、いえ、それはなりませぬ。 で始まる、童謡 ”かなりや” 繰り返…

はじめの一歩

上記のタイトルで 何気に検索してみたら 有名なボクシング漫画があると 初めて知りました。 私自身が、思い出すのは、 子供の頃の遊び、だるまさんがころんだ かしらね(笑) 「はじめの一歩」(模様入りはがき)*1 話がそれました。 こちらの「歩」は古代文…

莫妄想-妄想するなかれ

読みは「まくもうそう」 妄想するなっていっても あれこれ気を取られ、雑念だらけって 自ら省みても… むしろ、妄想族か、って方も(苦笑) 少なくないかもしれません。 でも、禅語ですからね。 無念無想という境地もあるのでしょう。 「莫妄想」 (大判はが…

夢見つつ深く植えよ

本好きには、時に タイトル(題名)に惹かれて読む本というのもあるが これもそう。 ベルギー(アメリカに移住)の作家・詩人 メイ・サートン(1912-1995)の自伝的エッセイ。 エッセイといっても、気骨ある文章で 詩作家の繊細な味わいと共に、 思索的で、…

日々是好日

晴れて暑かった昨日から一転、 涼しい感じの雨降りの日曜日。 秋の長雨には早いのか、そうなのか…。 お天気をとってみても、日替わり いろいろあります。 「日々是好日」 (模様入りはがき) よく知られたこの言葉、禅語ということで、 「にちにちこれこうじ…