Everyday Magic-筆に想いを

心に響く言葉や詩歌を、書でつづる

はがき

七夕に和歌を書きたくなった頃-たなばたのとわたる舟の梶の葉に…

(水玉はがき) たなばたのとわたる舟の梶の葉にいく秋書きつ露の玉づさ (俊成)【通釈】七夕の天の川の川門を渡る舟の梶――その梶の葉に、 秋が来るたび何度書いたことだろう、 葉に置いた露のように果敢ない願い文(ぶみ)を。(藤原俊成 千人万首より)新古…

「えにしだの黄色は雨もさまし得ず」-高浜虚子の句 

風薫る五月。 それにしても、雨が降ると肌寒かったりもして もう、この季節だから暑いとか寒いじゃなくて、 その日その日の気温という感じでしょうか。 着るものもね…。 (はがき) えにしだの黄色は雨もさまし得ず 高浜虚子 雀が並ぶ様とするのか“金雀児”や…

萬物生光輝

4月の始まりは、まるで冬のようでしたが 今日は晴れて、日差しも戻り、 この後、日に日に 春らしくなってくるようですね。 「萬物生光輝」 はがき 読みは、 ばんぶつこうきをしょうず 出典は、古楽府(六朝以前の古詩) 「長歌行」にあるようです。 陽春布…

ちいさなことり-まどみちおさんの詩より

3月も終盤だが、 とても暖かい日というのがなくて、 今日もここら辺は冷たい雨となっている。 その後は、いよいよ春らしくなってくるのかな。 「ちいさなことり」 まどみちお (絵柄入りはがき) まどみちおさんの詩です。 ちいさな ことりが よんだので お…

山村暮鳥の詩『光』より

春を前に、逡巡するような寒の戻り。 冷たい雨、明日は雪交じりの予報も出ているが ちょっと季節をフライングして 春の日差しが強く感じられる暮鳥の詩から。 『光』 山村暮鳥 (はがき) かみのけにぞつくり麦穂滴る額からだ青空ひとみにひばりの巣を発見け…

空と海-金子みすゞさんの詩

ようやく暖かな晴天となりました。 今日は、暦(二十四節気)でも 虫たちも這い出すという啓蟄ですね。 「空と海」 金子みすゞ (はがき) 春の空はひかる、 絹のよにひかる、 なんでなんでひかる。 なかのお星が 透くからよ。 春の海はひかる、 貝のよにひ…

祥雲-めでたい雲

3月になりましたね。 風がまだ寒いですが、 日差しは春めいてきている。 「祥雲」 はがき めでたい(吉兆の)雲。瑞雲に同じ。 「祥」の字は"めでたい"しるしの意。 墨場必携の出典には、米芾(北宋の書家) 吉兆ということで、招福・吉語。 新春の時期や、…

新生-新たに生まれかわる

また寒くなったりしながらも 土の中から、緑の小さな芽が そこかしこに、顔をのぞかせている。 明日は、新月。日食だそうですね。 私たちも、毎日新たなスタートを 続けているともいえるかも。 『新生』 (はがき) 古代の篆書体(金文)による。 位牌を作る…

一字書『華』-今日の一枚

「華」 はがき(和紙ぼかし) 「額入りサイズ:30.5×25.5㎝」 花びらが美しく咲き乱れている形の象形。 咲き乱れている花の形であるから、 「はな、はなやか」の意味となる。 (白川静『常用字解』より) 咲きほころぶ花の様子からきている “華”の 篆書体。 …

「まぶしいはるが」二題-まどみちおさんの詩

春並みに、気温が高いようですが すごい風ですね。 春一番になるのか…な 二月も半ば過ぎると、 こういう日も出てきますね。 「まぶしいはるが」 まどみちお 大判はがき きのめが おきる もうすぐ おきる みている ゆめが まぶしい はるが もう くるからよ ち…

楽只ー楽しむこと 『詩経』より

今日は、だんだん晴れてきました。 明日は、大寒。 文字を見るだけで寒そうです(笑) 冬真っただ中ですね。 「楽只」 詩経より (はがき) 楽只(らくし)とは、楽しむこと。 出典は、中国の古典(詩集)である詩経。 中に、「楽只君子」(楽しきかな君子)…

冬来たりなば春遠からじ-「西風に寄せる歌」より

大寒に向かう週ですが、今季は 週末から、大寒波の襲来で、 大荒れの地域も少なくありません。 大雪が早くおさまりますように。 厳寒の時期を迎えて、より春の到来が待たれます。 「冬来たりなば…」 英詩より (はがき) 「冬来たりなば 春遠からじ」 この語…

心月ー澄みきったこころ

昨夜は、今年初めの満月でした。 冬の澄みきった夜空は、ことのほか、 星や月の光が映えます。 そして、また、闇夜を照らす月、 仏教では、仏性、 満月は、菩提心をも象徴するそうです。 「心月」 禅語 (はがき) 禅語で、心の本性をあらわします。 墨場必…

融通無碍

お正月も、はや一週間。 立春まで、名実ともに?寒い時期になりました。 それでも、日中は、晴れてくれると お日さまありがたいですね~。 「融通無碍」 華厳経より (はがき) ゆうづうむげ 滞りやとらわれがなく、自由であること。 “融通がきく”という言葉…

去年(こぞ)今年貫く棒の如きもの

穏やかで暖かめのお正月。 今日は、一般的な仕事始めということで 新年としての日常も戻ってきますね。 新年の抱負をあらためてお持ちの方も すでに歩みを進めている方もいらっしゃるでしょう。 「去年今年貫く棒の如きもの」 高浜虚子(はがき) “去年(こ…

鳥歌花舞―新春を寿ぐ

新年おめでとうございます。 本年が、皆さまにとっても幸多き一年でありますように。 今年もどうぞよろしくお願いいたします。 「鳥歌花舞」 (はがき) 鳥歌い、花が舞う。 出典は、 欧陽脩もしくは、鷗陽修(北宋)の七言絶句 『豊楽亭游春』より 緑樹交加…

望-遠方、大いなるものに想いを馳せる

今日は晦日、いよいよ 明日は大晦日となりましたね。 晴れていいお天気ですが、風が少し強かったかな。 あちらこちらで、お正月を迎える準備が 整ってきたようですね。 「望」 (はがき) “望”の古代文字(金文)から。 更に、最古の字体の解説は以下より。 …

知足者富(足るを知る者は富む)-真の豊かさとは…老子より

クリスマスも過ぎ、 来週はもう新年ですね。 年末は何かと慌ただしい時期ですが、 少しだけでも、静かな時間を持つのも いいかもしれません。 「知足者富」 老子より(大判はがき15×20㎝) 足るを知るものは富む。 老子の上篇三十三章にあります。 知人者智…

慈愛二題ーいつくしむ心

曇りがちでしたが、暖かいです。 ちょうど、明日から、 クリスマスへ連休となる方も いらっしゃるでしょうね。 クリスマスの精神に、チャリティ(Charity) が あります。慈善と訳されるだけでなく、 慈愛、博愛という言葉です。 「慈愛」 (はがき) 言葉の…

随處作主-随所に主たれば

昨日は、満月でしたが、曇りがち。 今日は、晴れましたが、 日があっても、やはり寒くなってきましたね。 師走も、あっというまの月半ば。 どことなく、せわしく感じてしまう 年の瀬にも落ち着いていられたらいいな、と。 「随處作主」 臨済録より (大判はが…

運水搬柴-水を運び薪をはこぶ日用のたとえ

いいお天気の日曜日。 家族と近辺を、買い物や用事で回っていたら、 あっというま。冬至も近く、日の入りも早く、 週半ばの満月も近く、満ちてきたお月さまが 冬空に映えますね。 「運水搬柴」 龐居士伝 大判はがき(15×20㎝) うんすいはんさい。 水をはこ…

人生感意気-人生意気に感ず

今日も晴れましたが、 暦では大雪、 いよいよ冬らしくなってくる時期ですね。 「人生感意気」 魏徴 (大判はがき15×20㎝) 人生意気に感ず(じんせいいきにかんず) 中原還逐鹿 投筆事戎軒 (中原還た鹿を逐い 筆を投じて戎軒を事とす) から始まる 唐朝の魏…

飛翔-鳥も詩人も私たちも

今日から師走。 年末になって、振り返ると いろいろあっても、一年が 飛ぶように過ぎた感じがします。 飛ぶ、といっても、今日の一枚はこちら。 「飛翔」 (はがき) *1 物事は常に変化している。 私たちも 今いるところから飛び立とうとしていたり 新しいス…

心無罣礙-とらわれのない心

日中は晴れましたが、 思ったほど、暖かくなかった…。 霜月もあと二日で、 師走がちらつく月曜日。 月日がたつのは早いですね。 「心無罣礙」 般若心経より 大判はがき(11.5×23㎝) 菩提薩埵依 般若波羅蜜多故 心無罣礙 無罣礙故 無有恐怖 遠離一切 顚倒夢…

むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく…

今日は、晴れました。 雪のあと、ぐっと冬に近づいた感じもします。 お天気も、気温も変わりやすく 12月も、すぐそこですね。 「むずかしいことをやさしく…」 井上ひさし (大判はがき20×15㎝) むずかしいことをやさしく やさしいことをふかく ふかいことを…

「豊楽」二題-恵み・収穫を祝い、享受する

今日は、二十四節気の小雪ながら、 あたたかな日和でした。 明日からは寒くなるのでしょうか。 「豊楽」 はがき *1 趣きの違う「豊楽」二題 書体は、篆書体。 「豊」は、 祭りの供え物とされたきびの類を盛った脚の高い食器から 「おおい、ゆたか」「大きい…

和顔愛語-シンプルな世界貢献

冷たい雨、 寒い一日でした。 明日からは、少しまた あたたかくなるのかな。 気持ちをあたたかくするには… 「和顔愛語」大無量寿経より(はがき)*1 わげんあいご、と読むそうです。 穏やかな笑顔と、思いやりある話し方 愛ある言葉で、人に接することは、 …

不思議-あたりまえはないセンス・オブ・ワンダー

昨日は立冬でしたね。 だんだん寒くなってきました。 さて、前回、アリスの話をして、 ワンダーランド(不思議の国)続きと いうわけでないものの、 この詩を思い出しました。 「不思議」 金子みすゞ (大判はがき15×20㎝) 私は不思議でたまらない。 黒い雲…

「虹を見て…」 人それぞれの世界であっても

今朝、雨がちょっと降りましたが その後は、予報通りに晴れてきて、 今日も、気持ちよいお日和 楽しめそうです。 「虹を見て思ひ思ひに美しき」 高浜虚子 (はがき) 虹を見て思ひ〳〵(思ひ)に美しき 虚子 高浜虚子(1874‐1959)の句です。 『虚子五句集』…

行雲流水-文を書く極意とも…

今日は午後から雨 寒くなりました。 もうすぐ11月とはいえ、 昨今は、気温の上下も大きいので その時々での調節が大切ですね。 「行雲流水」 蘇軾 (はがき) *1 文字通り、 空行く雲と、流れる水。 何のわだかまりもなく、ものに応じ、ことに従って 素直に…

上善若水-上善は水のごとし

秋らしい、爽やかなお天気でした。 朝晩は冷え込み出したけれど、 秋たけなわ、この季節を日々、 じっくり味わいたい。 (含む味覚・笑) 「上善若水」 老子より (はがき) *1 “じょうぜんは、水のごとし” 水は万物を利するが、常に低きにつく。 最高の善も…

旅とたからもの

今日は、爽やかな秋晴れ。 庭の柿の実に訪れる鳥さんたち同様、 この頃、私たちも、柿を美味しく頂いています。 さて、 前回は、 大切なもの(宝)は、自らが持っている、 という言葉(禅語)でした。 koboaoineko.hatenablog.com では、探しに旅することが…

明珠在掌-たなごころに宝

真夜中の満月に かさがかかっていましたら 昨日は、冷たい雨降り。 今日は、お日様も顔を出し、 また秋の青空、気温も上がるのかな。 「明珠在掌」 禅語 (はがき) *1 “みょうじゅ(めいじゅ)ざいしょう” 「明珠(みょうじゅ)は、掌(たなごころ)に在り…

花開蝶自来(はがき書)

めっきり、秋らしくなりました。 季節はずれの暑さも終わったようで、 着るものや、寝具なども、入れ替えです。 晴れると、あちこち片付けたくなります(笑) 「花開蝶自来」 禅語 (柄入りはがき) *1 花開けば、蝶自らやって来る。 季節がめぐって、花咲け…

光明

巷では、3連休ということですが、 昼前は、結構な降りの日曜日。 雨は上がったようですが、曇り空。 昨日も、昼頃にかけて降りましたが、 夕方には、日も差し、 夕刻の空は、たなびく薄暗い雲の合間に 明るい夕日が輝いているのが印象的でした。 「光明」 …

洗心

この季節、庭木があると 日々、落ち葉がたくさんです。 庭側の地面に落ちたものは、多少風流ですが、 アスファルトの道路側では、ゴミになりかねません。 実際、掃除をしても、きりはないのですが、 掃き清めるという言葉のように、 綺麗になれば、清々しい…

遊戯三昧

前回、”遊ぶ”のは、仏様の境地だというらしい、と書きました。 koboaoineko.hatenablog.com (初めて過去記事を貼り付けてみました。面白いですね 笑) というと、出てくるのが、この言葉。 「遊戯三昧」 (模様入りはがき)*1 「ゆげざんまい」 禅語です。 …

遊びをせんとや生れけむ

今日は、久しぶりに 気持ちのいい 青空が広がりました。 「遊びをせんとや生れけむ」 (はがき) たまには、こんなのもどうでしょう。 コラージュに、ゴールドの筆ペンでちょこっと。 よく知られた句は、”梁塵秘抄”にある歌からです。 『梁塵秘抄』より (大…

響-共鳴する音

先月に続き、 新月スタートの10月ですね。 あいにくのお天気ですが、 新しい月の始まりは、また 気持ちがあらたまる感じがいいです。 「響」 (はがき) *1 古代の篆書体(金文)の一字書です。 学者で漢字の大家、白川静さんによる『常用字解』では (2012…

大愚

よく、 人に馬鹿にされたくない という人は、います。 「馬鹿になれ」といわれたら そんな~、馬鹿な(笑) と思うかもしれません。 何かに無我夢中で打ち込んでいる姿は 素適かもしれないし、ことによったら、 傍からみて、馬鹿みたいって映るかもしれない…

ただのアダム

実は、昨日の「真味只是淡」 もう一枚、書いたのがありまして、 昨日、並べてもよかったんですが、 ちょっと雰囲気違うんでね。 あらためて、その2 「真味只是淡」 菜根譚より (大判はがき) 出典の解説は、昨日のとおりで(略) さて、ほんとの偉人は誇示…

真味只是淡

今日もいい天気~♪ ん? 何かそんな歌詞 ありましたっけ… 日中は、汗ばむくらいの陽気でした。 さて、今日の一枚は 「真味只是淡」 (大判はがき) 「しんみはただこれたんなり」 中国の古典、洪自誠の 「菜根譚」(さいこんたん)にあります。 醸肥辛甘非真…

お日さま久しぶり

ようやく 晴れました!ね そして、暑いくらい(笑) でした。 「お日さん、雨さん」 金子みすゞ (大判はがき) ほこりのついた 芝草を 雨さん洗って くれました。 洗ってぬれた 芝草を お日さんほして くれました。 こうして私が ねころんで 空をみるのに …

思無邪

それにしても、 よく降りますね! もう、書き出しはこれしかないくらい 秋晴れはいずこに… 内容とは関係ないですが(笑) 「思無邪」 (はがき) 思いよこしま(邪)なし と読みます。 中国の詩経という古典が、おおもとのようですが、 論語で孔子が、その"…

日に新た

雨の秋分の日。 涼しいというより、肌寒いくらいで よく降る雨に、そろそろ お日様が恋しい気もします。 ちょうど、季節の変わり目でもありますね。 「日新(日に新た)」 和紙はがき *1 よく見かける言葉ですが、 中国の古典(四書五経・大学)にあるそうで…

花無心招蝶…

台風の進路も気になる 雨降りの日。 庭のうなだれた花を見て そういえば、晴れて飛び回っていた 蝶々はどうしているのかな…と、ふと。 「花無心招蝶…」 良寛 (和紙はがき) 花無心招蝶 花は無心にして蝶を招き 蝶無心尋花 蝶は無心にして花を尋ぬ 花開時蝶…

壺中天

世間の暦では、いわゆる シルバーウィークなる週に入り、 あいにくの空模様ではありますが、 好きなことに没頭しようという方も いらっしゃるでしょうか。 「壺中天」 (模様入りはがき) *1 こちゅう(の)てん 中国の故事にもとづく言葉です。 後漢の費長…

天空海闊

9月に入って、曇りや雨が多いなか 久しぶりの晴れた一日 気持ちいいですね。 「天空海闊(濶)」 (大判はがき) てんくうかいかつ、と読みます。 晴れわたる大空、広々とした大海 転じて、度量が大きく、こだわりがないこと 一昨日の中秋の名月は、 流れる…

かなりや

満月は明後日ですが、 中秋の名月は今夜だそうですね。 お月見団子も魅力的ですが(笑) 月夜というのは、魅惑的です。 さて、 唄を忘れた金糸雀(かなりや)は、後ろの山に棄てましよか。 いえ、いえ、それはなりませぬ。 で始まる、童謡 ”かなりや” 繰り返…

はじめの一歩

上記のタイトルで 何気に検索してみたら 有名なボクシング漫画があると 初めて知りました。 私自身が、思い出すのは、 子供の頃の遊び、だるまさんがころんだ かしらね(笑) 「はじめの一歩」(模様入りはがき)*1 話がそれました。 こちらの「歩」は古代文…